ハードウェアハッカー 新しいモノをつくる破壊と創造の冒険 [ アンドリュー・バニー・ファン ]

ハードウェアハッカー 新しいモノをつくる破壊と創造の冒険 [ アンドリュー・バニー・ファン ]

新しいモノをつくる破壊と創造の冒険 アンドリュー・バニー・ファン 高須正和 技術評論社ハードウェア ハッカー ファン,アンドリュー・バニー タカス,マサカズ 発行年月:2018年11月 予約締切日:2018年08月17日 ページ数:423p サイズ:単行本 ISBN:9784297101060 ファン,アンドリュー“バニー”(Huang,Andrew“bunnie”)(ファン,アンドリューバニー) ハッカー、メイカー、オープンハードウェアアクティビスト。

MITにて電気工学のPh.Dを取得。

『Hacking the Xbox』著者。

ハードウェアスタートアップや雑誌『MAKE』のテクニカルアドバイザーを務める 高須正和(タカスマサカズ) 日本のDIYカルチャーを海外に伝える『ニコ技輸出プロジェクト』や『ニコ技深〓コミュニティ』の発起人。

MakerFaire深〓(中国)、MakerFaireシンガポールなどの運営に携わる。

現在、Maker向けツールの開発/販売をしている株式会社スイッチサイエンスのGlobal Business Developmentとして、中国深〓をベースに世界のさまざまなMakerFaireに参加 山形浩生(ヤマガタヒロオ) 1964年生まれ。

小学校1年生の秋から約1年半、父親の海外勤務でアメリカに居住。

麻布中学校・高等学校卒業後、東京大学理科1類入学。

東京大学大学院工学系研究科都市工学専攻を経て、某調査会社所員となる。

1993年からマサチューセッツ工科大学に留学し、マサチューセッツ工科大学不動産センター修士課程を修了。

1998年、プロジェクト杉田玄白を創設。

開発コンサルタントとして勤務する傍ら評論活動を行っている。

また先鋭的なSFや、前衛文学、経済書や環境問題に関する本の翻訳を多数手がけている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) 1 量産という冒険(メイド・イン・チャイナ/3つのまったく違った工場の中身/工場に発注するためのHowTo)/2 違った考え:中国の知的財産について(公〓イノベーション/さまざまなニセモノたち)/3 オープンソースハードウェアと僕(chumbyの物語/Novena自分自身のためのラップトップをつくる/Chibitronics:サーキットステッカーを作る)/4 ハッカーという視点(ハードウェア・ハッキング/生物学とバイオインフォマティクス ほか) たった12ドルで携帯電話を作るには?著作権に違反せずプロテクトを外すには?人間の遺伝子をハックするには?世界最先端のイノベーションを生み出す秘密がわかる。

本 ビジネス・経済・就職 その他 科学・技術 工学 電気工学


  • 商品価格:2,570円
  • レビュー件数:0件
  • レビュー平均:0.0(5点満点)
  • ショップ  :楽天ブックス

購入する

購入する

ハードウェアハッカー 関連ツイート